モーニングアフターピルを通販で購入

 

モーニングアフターピルは、通販によって購入することができるものとなっています。通販の場合ですと、輸入代行業者によって販売されているものが多く、おもに海外で取り扱われているものが主流となっています。 そのため、日本では未承認のモーニングアフターピルが販売されているという場合も、多くあります。

 

現在の日本では正規に緊急避妊薬を購入しようという場合には、産婦人科を受診して処方してもらわなければいけないことになっています。そんななか、医師の指示がない状況で安易に通販で購入するということは、やや危険であるという意見も少なくありません。

 

但し、いざという時のためにモーニングアフターピルを持っていたいという方もいます。 しかし、そのために産婦人科を受診してモーニングアフターピルを処方してもらうのは気が引けます。また、予備にモーニングアフターピルを持っていたいという動機を話すのも、なんとなくプライバシーを見られているような感じもします。

 

このような方にとってはモーニングアフターピルを通販で購入することは利便性があります。使用することはないけど念のために持っていると気持ちのゆとりがでます。また、モーニングアフターピルを通販で購入した場合は価格もそれほどかかりません。 ですから、モーニングアフターピルを通販の利用する方も多くいます。

 

モーニングアフターピルの通販ショップで人気のあるのはアイピルとマドンナです。アイピルは72時間以内に1錠飲むだけという手軽さから世界中で幅広く使われているようです。

アイピル

 

i-Pill(アイピル)詳細

 

実際に購入している方のレヴュー記事もありますから、体験談をよんでおくと参考になります。また、実際に購入した方の体験談は通販ショップの信頼性にもつながりますので、安心して購入することができます。

 

モーニングアフターピルの失敗率

 

モーニングアフターーピルというものは、万が一きちんと服用していたとしても、失敗してしまうというケースがまれにはあります。臨床検査の実験結果としては、モーニングアフターピルを正しく服用していたとしても、失敗する確率として2%という数字があります。そのため、ほぼ服用方法が正しいのであれば、妊娠は防ぐことができるということになります。

 

ただ、モーニングアフターピルの副作用として服用後に吐き気が感じられたり、また服用するタイミングは性交渉があってから72時間以内とされています。72時間以内に服用しなかったり、あるいは服用後の副作用によって嘔吐があったりといったときには、薬も戻してしまう可能性があり、きちんと飲んだとしても妊娠する可能性がでてきます。

 

モーニングアフターピルの種類

マドンナ

 

マドンナ

 

モーニングアフターピルは、『事後ピル』とも呼ばれているものです。『アイピル』『マドンナ』や『ポスティーノール』、などという商品名のものがあります。このモーニングアフターピルはどの種類であっても、同じような効果をもたらすものです。

 

『緊急避妊薬』や『緊急避妊ピル』という言い方もされていて、ホルモンの値を乱して子宮内膜を無理やり剥がすことによって、着床を防いでくれるというものです。このアイピル、マドンナ、ポスティーノールは、性行為があってから72時間以内に服用しなければいけません。

 

また、マドンナ、ポスティーノールは2錠目を12時間以内に服用する必要があります。

 

ポスティノール

 

ポスティノール

 

1錠で済む手軽さからでしょうか、アイピルは世界中で使用されている緊急避妊薬となっています。アイピルは性行為後の服用が早いほど成功率は高まり、24時間以内なら95%、72時間以内なら75%の避妊成功率と言われています。

アイピル

 

i-Pill(アイピル)