アフターピルを飲むタイミングは?

 

アフターピルというのは性交渉を行ってから72時間以内にピルの服用をしなければ高い効果を得る、ということはできません。
性交渉後の72時間以内に必ずアフターピルを服用するようにしてください。

 

それから12時間後にもう一度薬剤を服用してから、さらに12時間後にピルを服用します。
こうすることでより確実に避妊をすることができるようになります。
なるべく誤差が少ないようにする、ということが大切になりますので、万が一誤差があっても1時間以内で収めるようにしなければなりません。

 

持病を持っている人や、日頃から飲んでいる薬があっても、アフターピルを摂取することによって持病が悪化する、といったことはありません。
同時に薬を服用した場合であってもまず問題はありません。

 

食後に摂取をした方が胃にかかる負担というのはかなり抑えることができますが、12時間と時間が決められている以上は食後でなくても問題はありません。
ピルには副作用があるのですが、後遺症というのはありません。

 

ピルを飲んでいたから妊娠しにくくなる、ということもありませんし、ピルの服用を止めれてこれまで通りに生理が来るようになりますので問題ありません。