低用量ピルの人気がどんどん向上している理由

 

最近は避妊目的として利用されることが多くなった低用量ピル。以前は月経困難などの月経トラブルに対する治療として利用されていました。現在も月経トラブルの改善に処方される傾向がありますが、どちらかというと避妊効果を期待しての利用が多くなっています

 

ホルモン量の違いによって低用量ピルと中・高容量ピルに分類されますが、効果の高さではなく、副作用のリスクを抑えたものがピルの種類を分けていると認識しても良いでしょう。ただし、低用量ピルは服用をしっかり管理しなければ、避妊の効果が減退してしまいます。

 

月経を迎えるためには、体に色々な変化が訪れます。それはプラスに向くことは少なく、体にとってマイナスなことが多いのです。子宮内膜を増殖させることで、疾病のリスクが高まります。それが低用量ピルで抑制できるのです。

 

女性ホルモンの関係する疾患はいくつも存在しますが、それが減少させられるのも低用量ピルの魅力です。がんの発生リスクを抑制するのは、女性にとっても嬉しい効果です。

 

どんなに気をつけていても、排卵が起こってしまうと妊娠してしまいます。そのリスクを元から刈り取ることができるからこそ、低用量ピルの人気は留まるところを知らないのです。